新しいグループの作成

G Suite では、グループを作成して様々な用途に使用することができます。作成できるグループの数に制限はなく、グループに追加できるメンバーの数にも制限はありません。 組織外(もしくは組織内も)から送信されたメールを複数ユーザーで受信する場合の共有メールアドレスとして。 組織内の複数のユーザー間でカレンダーやドキュメントなどの共有を容易に行うためのグループ。 同一のメールメッセージを複数のユーザーに一括で送る同報メールアドレスやメールマガジン発行用として。...

Gmail を有効化

G Suite サービスの有効化(ドメイン所有権の確認)が完了し、全てのユーザーアカウントを作成して従業員の方々への通知が終わりましたら、ドメインのメールを Gmail で受信できるようにメールサーバーの変更をおこないます。 現在ご利用のメールサーバーに存在するすべてのメールアドレスが、G Suite に「ユーザーアカウント」「メール エイリアス」「グループ メール」いずれかで作成済みであることを確認の上、Gmail の有効化を行って下さい。 組織の一部ユーザーのみで G Suite の Gmail...

G Suite を有効化(メタタグによるドメイン所有権の確認)

G Suite の利用を開始するには、ドメインの所有権を Google が確認する必要があります。(あなたがドメインの所有者であるかどうかの確認です。)ドメインの所有権が確認されると、G Suite のサービスが有効化されます。(メールの受信以外) ドメイン所有権の確認は G Suite のサービスを有効化するための作業ですので、現在公開中のウェブサイトやご使用のメールアドレスがある場合も、それらに影響することはありません。 Google によるドメインの確認方法 Google によるドメインの確認方法は、主に次の...

テスト ドメイン エイリアスで Gmail を受信する

G Suite でユーザーアカウントを作成すると、同時にテスト ドメイン エイリアスが作成され、テスト ドメイン エイリアスはすでにメールが受信できるようになっています。 例えば、ユーザーアカウント you@company.jp のテスト ドメイン エイリアスは you@company.jp.test-google-a.com となります。you@company.jp.test-google-a.com 宛のメールはユーザー you@company.jp の受信トレイへ配信されます。...

Google ドライブ上のファイルのオーナー権限を譲渡

G Suite の管理者は、ユーザーの Google ドライブ上にある全ファイルのオーナー権限を別のユーザーに譲渡することができます。退社したユーザーのユーザーアカウントを削除する前などに有効な機能です。オーナー権限を譲渡した後のユーザーはファイルの編集権限が付与された状態となりますので、引き続きファイルにアクセス可能です。 1. G Suite 管理コンソールにログイン Web ブラウザを開き、管理者権限をもっているユーザーアカウントで G Suite 管理コンソール(admin.google.com)にログインします。...

社外ユーザーとのファイル共有可否を設定

G Suite の管理者は、社内ユーザーが Google ドライブ上のファイルをドメイン外のユーザーと共有できるかどうかを設定することができます。 1. G Suite 管理コンソールにログイン Web ブラウザを開き、管理者権限をもっているユーザーアカウントで G Suite 管理コンソール(admin.google.com)にログインします。 ホームが表示されたら[アプリ]アイコンをクリックします。 2. 外部とのファイル共有設定 アプリの設定画面にて[G Suite]をクリックします。 G Suite...