G Suite サービスの有効化(ドメイン所有権の確認)が完了し、全てのユーザーアカウントを作成して従業員の方々への通知が終わりましたら、ドメインのメールを Gmail で受信できるようにメールサーバーの変更をおこないます。

現在ご利用のメールサーバーに存在するすべてのメールアドレスが、G Suite に「ユーザーアカウント」「メール エイリアス」「グループ メール」いずれかで作成済みであることを確認の上、Gmail の有効化を行って下さい。

組織の一部ユーザーのみで G Suite の Gmail をご利用の場合及び現メールシステムと並行運用をおこなう場合は、Gmail を有効化(メールサーバーの変更)をおこなわずに「テスト ドメイン エイリアスで Gmail を受信する」をおこなって下さい。

1. Google 管理コンソールにログイン

Web ブラウザを開き、管理者権限をもっているユーザーアカウントで Google 管理コンソール(admin.google.com)にログインします。
ホームが表示されたら[設定]をクリックします。

Google 管理コンソール

2. Gmail を有効化

G Suite セットアップガイドが表示されますので、ステップ 3 の[有効化]をクリックします。

Gmail を有効化

Gmail 有効化の概要が表示されます。Gmail 有効化の準備が完了している場合は、各項目にチェックを入れ[続行]をクリックします。

Gmail 有効化の準備の確認

メール配信設定の画面にて、以下の表のような DNS へ追加する MX レコードの内容が表示されますので、後でまた確認できるようにしておきながら、ドメインホストの DNS 管理画面へ移動します。

MX レコードを確認

3. ドメイン ホストにて Google 指定の MX レコードを追加

ドメイン ホストの管理画面へログインして DNS 設定画面にて、Google 管理コンソールに表示されている文字列を入力して MX レコードの作成を行います。

種別(Type)は MX 、指定先(Value)に指定の 参照先、優先度をそれぞれ入力します。
既存の MX レコードが入力してある場合は削除を行ってください。

レコード種別 ホスト名 サーバーアドレス 優先順位
MX ASPMX.L.GOOGLE.COM. 1
MX ALT1.ASPMX.L.GOOGLE.COM. 5
MX ALT2.ASPMX.L.GOOGLE.COM. 5
MX ALT3.ASPMX.L.GOOGLE.COM. 10
MX ALT4.ASPMX.L.GOOGLE.COM. 10

ドメイン ホストでの MX レコードの作成

ドメイン ホストで MX レコードを作成する際は、ドメイン管理画面の DNS レコード設定画面にておこないます。

例えば、大手ドメイン ホストの「お名前.com」の場合、[ドメイン Navi]にログインして画面上部メニュー[DNS]へアクセスして[ドメインのDNS関連機能設定]-[次へ]をクリックし、DNS を編集するドメインを選択後[次へ進む]- 「DNS レコード設定を利用する」右隣の[設定する]からレコードを作成、編集します。

※ DNS の設定方法についてご不明点などありましたら、ご利用のドメインホストにご確認ください。

4. Google 管理コンソールで Gmail 有効化を確認

ドメイン ホストでの設定が終わりましたら、Google 管理コンソール(admin.google.com)のセットアップガイドに戻り、ページ下の[GMAIL を有効にする]をクリックします。

Gmail を有効にする

追加した MX レコードが Google に認識されると Gmail の有効化が行われ、独自ドメインで Gmail の受信が可能になります。G Suite セットアップガイドに「(ドメイン)で  Gmail が有効になりました」と表示されたら[テストメールを送信]をクリックします。

Gmail 有効化が完了

正常に Gmail の有効化が行われたかを確認するため、自身宛にテストメールを送信します。

テストメールを送信

Gmail(mail.google.com) にアクセスしてテストメールが受信しているかを確認します。

受信メールを確認

5. 現在の MX レコードを確認する

現在の MX レコードは、Google 管理コンソールの[アプリ]アイコン -[G Suite]-[Gmail]-[設定]の MX レコードセクションで確認が可能です。

現在の MX レコードを確認