G Suite の初期設定では、Google カレンダーの共有設定は社内(ドメイン内)のみ有効となっており、社外(ドメイン外)のユーザーとカレンダーを共有することはできません。社外(ドメイン外)ユーザーとカレンダーの共有を行う場合やインターネット上でカレンダーを公開する場合は、G Suite 管理者がドメイン外のユーザーとカレンダーの共有を許可する設定をおこなう必要があります。

1. G Suite 管理コンソールにログイン

Web ブラウザを開き、管理者権限をもっているユーザーアカウントで G Suite 管理コンソール(admin.google.com)にログインします。
ホームが表示されたら[アプリ]アイコンをクリックします。

2. 外部とのカレンダー共有設定

アプリの設定画面にて[G Suite]をクリックします。

G Suite 設定画面にて[カレンダー]をクリックします。

Google カレンダー設定画面にて[共有設定]をクリックします。

共有設定画面にて[メイン カレンダーの外部共有オプション]欄をクリックします。

※ 特定の組織部門にのみ設定を行う場合は、画面左の組織部門欄にて組織部門を選択してください。

カレンダー詳細設定画面の「メイン カレンダーの外部共有オプション」項目にていずれかの共有レベルを選択し、[保存]をクリックします。

組織外とのカレンダーの共有レベルは次のようになります。

  • 空き時間情報のみ(予定の詳細は非表示): ユーザーは、組織外のユーザーに空き時間情報を公開できます。予定の詳細は表示されません。限定公開 URL はユーザーのカレンダーには表示されません。
  • すべての情報を共有する(外部ユーザーにカレンダーの変更を許可しない) : ユーザーは組織外のユーザーとカレンダー情報を共有できます。これには、ゲストの一覧、場所、説明が含まれます。限定公開 URL はユーザーのカレンダーには表示されません。
  • すべての情報を共有する(外部ユーザーにカレンダーの変更を許可する) : ユーザーは組織外のユーザーとカレンダー情報を完全に共有できます。これには、ゲストの一覧、場所、説明が含まれます。限定公開 URL も表示されます。
  • すべての情報を共有する(カレンダーの管理を許可する) : ユーザーは組織外のユーザーとカレンダー情報を完全に共有できます。組織外のユーザーにカレンダーの管理権限を付与することもできます。限定公開 URL も表示されます。

追加作成したカレンダーの外部共有設定

Google カレンダーでは複数のカレンダーを作成してスケジュールを管理することが可能ですが、追加作成したカレンダーを社外ユーザーと共有する場合は、「管理コンソール > アプリ > G Suite > カレンダー > 全般設定 > 予備カレンダーの外部共有オプション」から設定をおこないます。

G Suite セットアップ&サポート  >  G Suite の使い方  >  管理コンソール  >  社外ユーザーとのカレンダー共有可否を設定